STAFF BLOG海外旅行で高額請求回避のためにすることとは?

 

こんにちは!スマホバスター大阪西九条店の臼田です!

 

最近ゲームアプリにはまっている筆者です。

寝る前にずっとあるゲームをやっていて、睡眠時間が足りていません。(笑)

一昔くらい前に流行った、「どうぶつタワーバトル」にハマってます。(笑)

↑これを夜な夜なずっとやっております(笑)

とってもほのぼのしていて、イヤな争いが生まれないので、オススメのゲームです☆

 

そんな筆者の事情はさておき、この間のゴールデンウィークの際に旅行に行かれた方、結構いらっしゃると思います。

国内で観光をされた方もいれば、日本を出て海外に行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者は生まれてこの方、日本から出たことがないので海外に強い憧れがあります。

 

さて、海外に行かれた方も、これから行かれる方も、海外にもiPhoneを持っていきますよね。

旅先でのiPhoneもとっても役立つ最高のパートナーです。

海外へ旅行や出張に行ったとき、地図の確認やLINE、翻訳アプリなど、スマホがいつもどおりに使えればこんなに心強いことはないです。

 

しかしそんな中で、現地でスマホを使う方法やその設定など、慣れていないとわからないことも多く、帰国後の高額請求が不安という人もいらっしゃるかと思います。

せっかく海外にいるなら、思う存分写真を撮ったり、SNSに投稿したりしたいですよね。

 

そこで今回は、海外旅行で高額請求回避のためにすることをご紹介したいと思います♪

 

【出発前】飛行機に乗る前にやる設定

初めに、飛行機に乗る前の設定をしておきましょう。

今の設定のままでは、現地に着いてからiPhoneが勝手に通信してしまい、通信料が発生する可能性があります。

そこで出発前までは通信しつつ、海外では勝手に通信しない設定をします。

 

①設定をタップします。

 

②モバイル通信をタップします。

 

③モバイル通信のオプションをタップします。

 

④4Gをオンにするをタップし、オフをタップします。

  

 

⑤音声通話ローミングとデータローミングをオフにします。

 

これで完了です!

手順が多く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、やってみると意外とすぐ終わっちゃいますよ☆

 

ん?モバイルデータ通信ってそもそも何?

モバイルデータ通信とは、インターネットをするための通信のことです。

オフにすると、Wi-Fi環境下以外ではLINEやメール、インターネットをするための通信をオフにすることができます。

 

じゃあデータローミングとは?

海外で日本の携帯会社(au, docomo, softbank)の電波が使えない時に、各社が提携している現地の携帯会社の電波を使って通信を行う機能のことです。

特に契約しなくても利用できるようですが、提携会社の電波を使うのでパケット定額制が適用されなかったり、通話料が普段よりも高額になったりする場合があります。

 

では、続いて機内に乗ってからの設定にいきますよ~^

 

【機内】飛行機に乗ったときの設定

国内線、国際線問わずですが、飛行機に乗った時は飛行機の通信機器に影響が出ないよう、

電源オフ、もしくは機内モードにして一切の通信をオフにしなければなりません。

電源オフの場合は電源ボタン長押し(ご存知かとは思いますが・・・)

 

機内モードにする場合は、

 

①設定をタップします。

 

②機内モードをオンにして、電波の表示が飛行機のマークになっている事を確認します。

 

これで飛行機の中での設定は完了です!

ゆっくりと空の旅をお楽しみください♪

 

聞いたことはあるけど・・・機内モードって?

 電波の送受信を一切行わない設定のことです。

通信を遮断する以外に、電池の減りを遅くする効果もあります(携帯電話が電波を探さないため)。

 

さて、長旅も終わり、ついに現地に到着!

 

【到着】現地に到着したときにする設定3つ

現地についたら、さっそくiPhoneの設定をしましょう。

 

1.無料の通信(LINE、インターネット、Google map等)だけしたい場合

この場合はWi-Fiをオンにする必要があります。

①設定をタップします。

 

②Wi-Fiをタップします。

 

③Wi-Fiをオンにします。

 

④繋げたいネットワークを選択して、Wi-Fiマークが表示されている事を確認します。

 

以上で通信だけをしたい場合の設定は以上です☆

 

2.無料の通信と電話をしたい場合

何かあった時に備えて日本から緊急の連絡が入るようにしたり、現地の友達と電話で連絡をしたい場合は、Wi-Fiと電話だけは出来るようにする必要があります。

電話は出なければ料金が発生しませんし、ショートメッセージの受信は無料ですのでご安心を☆

 

①設定をタップします。

 

②機内モードをオフにして、Wi-Fiをタップします。

 

 

③Wi-Fiをオンにします。

 

④繋げたいネットワークをタップして、Wi-Fiのマークがされていることを確認します。

 

ここから通話をするためにもう少し設定をします!

 

⑤設定の画面に戻って、モバイル通信をタップします。

 

⑥データローミングをタップします。

 

⑦音声通話、データローミングをオンにして、音声通話ローミングだけオンになっていることを確認します。

 

これでWi-Fiをしつつ、電話も出来る設定は完了です!

設定とか苦手な筆者でも、結構簡単に設定できましたよ~^

 

3.通話も電話もしない場合

この場合は飛行機で設定した状態から何もしなくてOKです♪

Wi-Fiの通信は繋がりませんが、カメラなどの通信が要らないアプリは使用可能です!

 

 

いかがでしたか?

これで海外に行かれる際は、ばっちりですね!

筆者も海外旅行に行きたいなぁと、このブログを書きながら思いふけってました。

しかしまずは、パスポートを取るところから始めないといけませんね・・・(汗)

もし海外に行かれて日本に帰ってくる際、iPhoneを落として画面を割ってしまっても大丈夫です!

スマホバスターがしっかりとお直しさせていただきます☆

元の綺麗なiPhoneの状態を一刻も早く取り戻しましょう!

iPhone修理はスマホバスターにおまかせあれ!

 

大阪西九条店 臼田

 

 

 

スマホバスターへのお問い合わせ

大阪西九条店 06-6459-7537

神戸三宮店 078-855-4065

泉佐野いこらも~る店 072-488-7331

京都ヨドバシ店 075-353-5787

天満橋店 06-6459-7537