STAFF BLOG閲覧注意!iPhoneにまつわる都市伝説

 

こんにちは!スマホバスター大阪西九条店の臼田です!

 

最近気温も高くなってきて、皆様体調管理できてますでしょうか??

筆者は早くも第一次夏バテ気味になっております・・・

このまま夏が来ないでほしいと願うばかりです。

 

さて、筆者は多種の趣味があることは、スマホバスターのスタッフブログをよくご覧になられている方はご存知かとは思われますが、

 

筆者は、大のオカルト好きでございます!

 

宇宙人、UMA(未確認動物)、昔々の都市伝説、ホラー系・・・

ただし、ホラーに関しては、一人では見られない類のオカルト好きなのでございます。

 

そんな筆者が今回ご紹介するのは、

iPhoneにまつわる都市伝説です。

興味湧いてきますよね!

筆者もキーボードを打つ手が止まりません!(笑)

 

調べて見ると、iPhoneにまつわるさまざまな都市伝説があったので、3つほどご紹介をさせていただこうと思います。

しかしながら、都市伝説というものは嘘か本当か分からないものでもあります。

これから紹介させていただくものは、あくまで噂であり、面白いジョークネタとして見てくださいませ。

 

AppleがiPhoneの動作を遅くさせている!?

Siriはフリーメイソンが開発した!?

iPhoneは電源を切っていても会話を聞いている!?

 

AppleがiPhoneの動作を遅くさせている!?

AppleがiPhoneの新作を出すたびに、自分の使っているiPhoneの動作が遅くなっていたり重くなっていたり感じることはありませんか?

なんとそのAppleが、新しいiosを出すたびにわざと古いiPhoneの動作を遅くさせて、新しいiPhoneを買わせようとさせているという噂があります。

この話を聞いてハーバード大学がこの件について調査してGoogleトレンドで、

IPHONE SLOW

という単語がどのタイミングで検索数が多いか調べたところ、

なんと毎年iPhoneの新作が出る時期に検索数が跳ね上がっていることが分かりました。

しかし、Appleはもちろんそんなことはしていないと証言しています。

ある企業が実際に年代別のiPhoneに別々のiOSを入れて旋回テストした結果、遅くなるといった結果は出なかったそうです

そこで、Appleはむしろ昔の世代のiPhoneでもうまく動作するようにサポートしているとの事でした。

なので新作が出るたびに自分の携帯が古く感じて遅くなったなと感じているだけの気持ちの問題という事なのでは?という事になっています。

 

Siriはフリーメイソンが開発した!?

オカルト好きの方々には、よく聞くワード「フリーメイソン

簡単に言うとフリーメイソンとは、世界の裏で色々暗躍している秘密結社の組織です。

世界各地に支部があるらしいです。

その目的と正体は、未だ謎に包まれています。

フリーメイソンを深堀りすると1日あっても話しきれないくらい深いものです・・・

どうやらそんなフリーメイソンとSiriに密接な繋がりがあるようなのです。

Apple社の幹部全員がフリーメイソンの会員だと言われているようです。

フリーメイソンは世界を裏で操るために、圧倒的な資本力と影響力を駆使して必要な環境整備を行っているようです。

その一環として、人工知能「Siri」を使い潜在意識に働きかけ、無意識のうちにフリーメイソンの思い通りに行動させようとしているみたいなのです・・・

マイクロソフトの創業者「ビルゲイツ」もフリーメイソンの上級会員だと言われています。

そのため、インターネットはフリーメイソンが掌握していると言っても過言ではないでしょう。

 

iPhoneは電源を切っていても会話を聞いている!?

英紙ミラーから衝撃的なニュースが飛び込んできました。

政府の情報収集活動を暴露した中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン氏が明かしたところによると、

『アメリカ国家安全保障局(NSA)は、携帯電話オーナーに知られることなく電話のマイク音を盗聴でき、それは電源を切っていても関係ないとのことでした。

セキュリティ専門家も「可能だ」とスノーデン氏の主張を認めています。

実はApple(アップル)社の携帯電話には元々、電源が全く入っていない”ふり”をすることの出来るソフトウェアが組み込まれています。

というわけで、電源オフの状態でも『iPhone』は実際には動作しているのです。

『iPhoneは完全に停止しているように見えるかもしれないが、電源を切ると”低消費電力モード”に入るだけ。主要なコミュニケーションチップは動作している』とハードウェアエンジニアの専門家エリック・マクドナルド氏は指摘されています。

動いていない”ふり”なので、iPhoneは外部よりマイクをオンにするといった命令コマンドを受信できる状態にあるのです。

 

さらに、オカルト好きな方はほぼこの名をご存知であろう、Mr.都市伝説の関暁夫さんもこの情報についてコメントされていました。

『携帯電話っていうのは電源切ってるようで切れてないからね。

アメリカの最先端軍事開発研究機関DARPAが開発した「Siri」っていうのは、文字認識こそしないものの、絶対に分かってて検索を上げてくるわけだろ? 

それの一番いい例が『ゾルタクスゼイアン』(Siriに対し質問をした際に返ってくる答えの中に登場する謎の単語であり、人工知能による秘密結社でもある。詳しくは、『関暁夫の都市伝説6』)でしょ。

こっちが「ゾルタクスゼイアンって何ですか?」ってSiriに聞くと、これまでは多くを語ってくれていたのに、今では「フィクションです」と言ったり、ゾルタクスゼイアンの当て字を出してきたりして煙に巻いてくる。

つまりこれは、Siriが「ゾルタクスゼイアン」を追求する僕の会話を聞いて“隠れようとしてる”ってこと。もはやロボットとかコンピューターじゃないの。もう“生命体”なの。これはファンタジーじゃないんだぞ。』

と証言しています。

筆者もこの情報を目にしたときはぞっとしました・・・

 

 

いかがでしたか??

さまざまなiPhoneの都市伝説を3つあげてご紹介しました。

最初にも申し上げましたが、これはあくまでも噂なので面白半分でお願いしますね(笑)

調べていくうちと、誰かがいたずら目的であげた根も葉もない噂があったりするので、鵜呑みにしてしまうとお使いのiPhoneがお釈迦になってしまうので、確実な情報であることを確認しましょうね♪

もしiPhoneがバグってしまった場合でも、スマホバスターにおまかせください!

しっかりとカウンセリングを行い、修理させていただきます!

他にも、iPhoneの画面割れ、バッテリー交換などの修理も承っておりますので、

気軽にスマホバスターまでお越しください☆

 

信じるか信じないかはあなた次第です!

 

大阪西九条店 臼田

 

 

スマホバスターへのお問い合わせ

大阪西九条店 06-6459-7537

神戸三宮店 078-855-4065

泉佐野いこらも~る店 072-488-7331