STAFF BLOGりんごループについてのお話

 

こんにちは!スマホバスター大阪西九条店の臼田です!

 

今回は、「りんごループ」についてお話します。(深刻な感じで)

今日までのブログで何度かりんごループというワードがあったかと思います。

筆者はiPhone修理に携わってから、初めてりんごループという症状のことを知りました。

しかし筆者と同じように、iPhoneをお使いになっている方でも、りんごループのことを意外とご存知ない方は多いと思います。

実際にりんごループを経験してみないと、その恐ろしさは分からないものです。

 

さて、そのりんごループとは、一体どんなものなのでしょう?

りんごループとは、iPhoneを起動させたときに映る白い背景にりんごマークだけが浮かび上がり、再び消え、またりんごマークが表れるといった症状が繰り返し、起動ができず、操作できない状態を「りんごループ」と言います。

通常起動したときには問題なくホーム画面に移行されますが、りんごループに陥ってしまうと、ホーム画面にたどりつかず、iPhoneが使えなくなるという恐ろしい症状なのです。

さっきまで使えていた自分のiPhoneが、りんごループによっていきなり使えなくなるなんてとっても怖いですよね…。

では、りんごループになる原因って一体何なんでしょう??

りんごループになる理由は、その端末によってさまざまです。

 

空き容量不足

iPhoneの内蔵ストレージは、あらかじめ容量が決まっています。

購入するときに。32GB、126GB、256GBと選択して購入します。

内蔵ストレージは限りがあり、残りのストレージが少なくなると「ストレージの空き容量がありません」というポップアップが表示されます。

 

iOSアップデートの失敗

アップデート中にWi-Fiが切れた、ケーブルが外れてしまった、電池が切れてしまった、アップデート中のトラブルで更新が失敗した場合に起こります。

 

強制終了の繰り返し

何度も強制終了を繰り返していると発生することもあるようです。

 

起動ファイルの破損

何らかの原因で起動する際に必要なファイルが破損してしまい、起動ができなくなってしまう状態になります。

 

落下や水没による基板の故障

落下や水没で基盤が故障し、りんごループになることもあります。

この場合、ハードウェアの故障となるので、修理が必要な場合が多く、自力で改善することは困難です。

 

バッテリーの劣化

iPhoneのバッテリーは消耗品ですので、2年以上使用していると、劣化していくのは当然のことです。

充電できる最大容量がどんどん小さくなり、結果として起動完了までの電力が蓄えることができずに、りんごループになることがあります。

 

脱獄の影響

脱獄とは、Apple製品にかけられている制限を解除することで、Appleストアからはダウンロードできない非公認アプリのインストールや、アイコン・壁紙などを自由に変更できるようにする行為のことです。

Appleの規約違反ではありますが、違法ではありません。

脱獄ツールをインストールする際、バージョンが対応していないと不具合を起こしてしまいます。

 

といった感じで、これもりんごループの原因の一部です。

他にもパーツの不具合によってりんごループが引き起こされる場合もあります。

りんごループが起こる原因にも色々あるんですね…。

 

最後に、りんごループになってしまった場合、どんな対処をすればいいのでしょうか?

りんごループに陥ってしまったからと言って、焦る必要はありません!

以下の方法でりんごループから脱出することができるかもしれません。

 

①強制終了

自力で不具合を治すのであれば、再起動は欠かせません。

強制終了は、とにかく電源を一旦落としてしまおう!という作業です。パソコンがフリーズした時とかにもしますよね。

 

●強制終了のやり方

・iPhone8以降の場合
音量を上げるボタン、音量を下げるボタンの順に押し、サイドボタンを長押しします。

・iPhone7 または iPhone7 Plus の場合
サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に長押しします。

・iPhoneSE、6s以前の場合
ホームボタンと上部のボタン (またはサイドボタン) を同時に長押しします。

※どのモデルでもリンゴマークが表示されたら押していたボタンを離してください。

 

②セーフモードで再起動

セーフモードとは、iOSに不具合が起きた時のための診断モードのことで、起動に必要のないアプリは無効にして、OSとシステムに組み込まれたアプリだけを起動します。

セーフモードでの起動方法はApple公式サイトには掲載されていません。

しかし、パソコンでもセーフモードでの起動があるのと同じようにiPhoneでもセーフモードでの起動ができるようになっています。

 

●セーフモードのやり方

1.強制再起動の方法と同じ操作で電源をオフにします。画面が真っ暗になったらボタンを離します。

2.ボリューム調整のプラスボタンを押しながら電源ボタンを押してください。

3.リンゴマークが出ても、ボリューム調整ボタンは離さずに待ちます。通常起動はリンゴループになっても、セーフモードであれば無事起動できることがあります。

※セーフモードは、iOSの起動と必要最低限のアプリだけで起動する方法です。セーフモードで起動できたら、すぐにバックアップをとってください。

その後最近インストールしたアプリがある場合は削除して通常起動に戻します。

 

③SIMカードを抜いて再起動

電源オフにしたら、一旦SIMカードを抜き、再起動します。

上手くいけばSIMカードを差して、再起動してしましょう。

 

④iTunesと同期する

りんごループ中のiPhoneをパソコンに接続し、iTunesと同期させると起動するケースがあります。

ただし、iTunesが最新バージョンでない場合は直らないようです。

 

⑤iTunesでiOSをアップデート

アップデート中のトラブルでりんごループに陥った場合は、iTunesを使ってアップデートを行うと直る可能性があります。

こちらもiTunesは最新バージョンで行いましょう。

 

いかがでしたか?

上記の方法でも直らない場合は、最終手段として「復元」するしかありません。

しかし復元を行うとiPhoneは初期化され、工場出荷状態になり、データは消えてしまいますので、バックアップを必ず取っておきましょう。

連絡先や今までのデータがすべて消えてしまうと、悲しすぎますよね…

そうならないために、しっかりと最善の対策をしましょう!

 

スマホバスターでは、りんごループに陥ってしまったiPhoneもしっかりと見させていただきますので、ご安心ください!

「自分でりんごループの対処をしたけどできなかった…」

なんて問題もスマホバスターにお任せください!

しっかりとカウンセリングをしてから修理を行います!

iPhoneのことでお困りでしたら、ぜひご相談ください☆

 

 

大阪西九条店 臼田

 

 

スマホバスターへのお問い合わせ

大阪西九条店 06-6459-7537

神戸三宮店 078-855-4065

泉佐野いこらも~る店 072-488-7331