STAFF BLOG

水没豆知識の巻き

お役立ち

皆さんこんにちは!スマホバスター神戸三宮駅前店やまるがお送りします今回のブログですがiPhoneの耐水機能と水没について少しまとめてみようかなと思います。

 

 

まずはじめにiPhoneについている耐水機能ですがたまにネットの写真や映像で水に沈んでるiPhoneを見かけます。あれを見てはやまるの知り合いも「iPhoneって防水なんやろ?映像みたいに沈めてそこから調子がおかしいねんけどなぜ?」って聞かれました。

 

 

まずはじめになんですがここでよく間違う人がいてます。iPhoneについてるのは防水ではなく耐水機能です!!

 

 

そしてその耐水機能は全てのiPhoneについているものではなく6S以降の機種に搭載されているものです。なのでその前までの機種・・6までの機種には何も付いていません!!まずここを覚えていてください!!

 

 

そして6S以降についているのは耐水・耐塵機能です!!

 まず耐水・耐塵機能の仕組みですがiPhoneの外周にぐるっと一周耐水パッキン・耐水テープと呼ばれるものが付いています。

 

 これは両面に粘着性のあるパッキンでiPhoneのパネルと基盤側の間に入れて圧着させることで気密性が保たれて周りから粉塵や水滴などを入りにくくする効果のあるパッキンになってます。

あくまで周りについているものなのでスピーカーや充電口・イヤホン部・ボリュームボタン部などの空間からは水はじゃんじゃん浸入してきます!!

 

 なのでお風呂場に持って使っていると蒸気などの水滴が各隙間から進入してきて中の基盤やバッテリーなどに悪さをしてしまいいきなり画面が真っ黒になったり画面がフリーズして動かなくなったりしてしまうんです・・・

 

 たまにですが「ジップロックで防水して遊んでたら画面が動かなくなりました」という話を聞きますがこれも濡れた手で触ってそのまま拭かずにジップロックになおしてしまうと水滴が隙間から入り水没と同じ状態になってしまうのです(>_<)

 

さらにこれが海水だともう大変です!!

 

 

もともと基盤部は一度でも濡れてしまうと乾燥させてもそこから腐食が始まってしまいます。簡単に言えば錆びてしまうのです・・・・

 基盤が錆びてしまうと電気回線部がショートしたりコネクター部の接触が悪くなったりしてしまいiPhone本体が使えなくなってしまいます。

 これが海水になると腐食がかなり進みやすくなります。その原因が海水に含まれる塩分です。なので海では絶対にiPhoneを使わないことをおすすめします。

 真水による水没復旧に比べて海水での水没は復旧率がかなり下がります・・・

 

 

結論!!!!水辺にiPhoneダメ!!ゼッタイ!!

 

 しかしながらいくら気をつけていても不可抗力で水没する可能性は必ずあると思います。

 トイレに落とした・洗濯機に誤って入れてしまった・雨の日に濡れた手で触ってしまった・・・などなど

 こうしたときはどうすればいいのか??ネット上には色々な情報があると思いますが優先的にやるべきことをまとめておこうかと思います!!

 

 これをやったからといって必ず復旧するとは限りませんが少しでも確率が上がり皆さんのiPhoneが復活できればと思います。

 

 

まず水辺に落としたり・iPhoneを濡らしてしまったらすぐに拾い上げてください!!ショックで思考が停止しているかもしれませんがそこはすぐに行動に移しましょう!!

 

 

水没時間が短ければおのずと内部に侵入してくる水の量も減ります。ここはすばやく行動に移すのがよいでしょう!!

 

 

拾い上げたらまず電源を切りましょう。

 

 

電気と水は凄く相性がいいです。それは皆さんご存知かと思います。しかしここではその相性が最悪の結果を生んでしまうのです!!

 

 

最悪の結果とは何か??それは基盤や電気回線のショートです・・・濡れた基盤やバッテリーに電気を通してしまうとバチッと感電して基盤または電気回線に異常をきたします。

 

 

そうなってしまうとシステムに何らかの影響が起こる可能性もあり水没処理だけでは直らなくなる可能性が高くなるのです!!

 

 

なので水から引き上げた次は必ず電源を落としましょう!!

 

 

そして次に乾いた乾いた布やタオルでしっかりとiPhoneについている水気をふき取りましょう。この時特にイヤスピーカー・充電口・ボリュームボタン・ホームボタン・マイク・イヤホン・など先ほど説明した水の進入部はしっかりと拭いてあげてください。いくら背面や画面の水分を拭いても進入部付近に水分が残っていては意味がありません!!

 

そしてふきあげたらすぐにお近くの修理屋さんに持っていきましょう!!

 

水没修理は時間との戦いといっても過言ではありません。

 

スマホバスターでは中のオーバーホールから乾燥作業・そしてバッテリー・画面の交換までお客様と相談しながら作業を進めていきますのでお見積もりもきちんと出しますよ!!

 

ちなみに電源を切るのもそうですが一番やってはいけないこともここに書いておきます。

 

 

それは充電することです!!

画面が暗くなって不安になる気持ちも分かります。しかし先ほども書きましたように基盤や電気回路に異常が出たり、システムのエラーが出たりしますと初期化しないといけない可能性が出てきます。

 

 

出来るだけ基盤等に負荷がかからないようにしてあげてください!!

 

 

そして最後にもう一つ大事なことを・・・

 

 

水没処理はあくまでデータを取り出すための応急処置です。一度水に触れた基盤はいくらオーバーホールや乾燥させても腐食を止めることは出来ません。なので映ったからといってそのまま使い続けているとある日突然画面が真っ暗になって使えなくなるかもしれないのです。(>_<)

 

 

なのでデータのバックアップを取り次第新しい機種に変える事をおすすめします。

 

 

 

 

iPhoneでお困りの際はスマホバスター各店へお越しください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。相談だけでも大丈夫です!

 

ではまたiPhone修理スマホバスター神戸三宮駅前店はやまる

 

スマホバスターへのお問い合わせ

大阪西九条店 06-6459-7537

神戸三宮店 078-855-4065

神戸三宮駅前店 078-855-4065

泉佐野いこらも~る店 072-488-7331