STAFF BLOG

【解説】iCloudってなんだ?Appleのクラウドサービスを知ろう!【iPhone】

iCloudとは?利用用途も紹介お役立ち

『iCloud』、iPhoneを使用している方なら一度は聞いたことがある言葉でしょう。

ですが「機能はあまり知らない」「そもそもクラウドって何?」と疑問を抱いている方が多いかと思われます…。

今回はこの『iCloud』というクラウドサービスをはじめての方にもわかりやすく解説いたします!

これを機にクラウドサービス始めてみませんか?

スポンサーリンク

はじめに:『クラウド』とは何?

iCloudの話をする前にそもそも「クラウドって言葉は聞くけどなんなの?」という疑問を解決しましょう。

今回解説します『iCloud』は『クラウド』を用いたサービスです。

iCloudの他にもGoogleやAmazon Primeのサービスにも使用がされていることが有名ですね。

クラウドサービス

『クラウド』は日本語に直すと『雲』を意味しており、皆様が利用しているインターネットを『空に浮かぶ雲』と比喩しています。

“雲にあるデータをスマホなどで見る、雲にスマホのデータを預ける”

こうした利用が可能なのがクラウドサービスです。

『iCloud』とは?

Apple社が提供するクラウドサービスが『iCloud』です。

皆様が使用しているiPhoneやMac、AppleWatchなどがインターネットを通してデータ共有が可能になる便利な機能です。

iCloudを簡単にイメージ

iCloudを簡単にイメージ

皆様が使用しているApple機器には必ずAppleIDが登録されています。

Apple機器を使用する人にはひとつひとつiCloud上にAppleID名の部屋が用意されているイメージです。

AppleIDのパスワードはその部屋の鍵です。

部屋に預けたデータは別の機器からでもインターネットが繋がっていれば鍵を使用して確認が可能なんです!

他社のクラウドサービスでもイメージは同じ。
Google『Gmail』の場合:Googleアカウント=部屋、パスワード=鍵
AmazonPrimeビデオの場合:会員ID=部屋、パスワード=鍵
インターネットが繋がれば別のスマホ、別のパソコンでもメールの内容を見たり、動画を視聴することが可能です。

iCloudは『Windows』でも確認が可能

iCloudはAppleのクラウドサービスなのでパソコンはMacでしか確認ができないと勘違いされがちですが、そうではありません。

WindowsPCからは「iCloud.com」というサイトにアクセスしAppleIDを用いてログインすることでiCloudのデータの参照が可能です。

iCloudの利用料金は?

「iCloudを利用するのにいったいいくらかかるの?」

iCloudは無料で利用が可能です。

ですが無料での利用ではiCloudへ預けれるデータ容量が5GBまでとなっています。

「5GBじゃiPhoneデータのバックアップが取れない…」そんな方にはiCloudの有料プランへの課金で解決する方法があります。

iCloud有料プランへの課金

iCloudは月額料金のかかる有料プランへ課金することで預けれるデータ容量を増やすことが可能です。

料金と容量は下の図をご覧ください。

容量月額料金
5GB無料
50GB130円
200GB400円
2TB1,300円
「iPhone内のデータ量が多くてiCloudでバックアップが取れない!」といった方も有料プランへの課金をすれば安心ですね!

iCloudの各種サービス

最後にiCloudを利用して行う代表的なサービスをご紹介します。

iPhoneデータのバックアップ作成

ほとんどの方の利用目的はこの『iPhoneのデータバックアップ』ではないでしょうか?

iPhone内の写真や連絡先、メモ帳などのデータのバックアップをiCloudへ保存し万が一iPhoneが壊れてしまった際や新しいiPhoneへの機種変更の際のデータ転送を行うための準備です。

iCloudへのデータバックアップは自動で取るように設定することも可能です。

詳しい手順などの解説は別の記事で紹介をしています。

【必見!!】iPhoneバックアップ方法!!手順を紹介!!【初めての方も安心】
大切なデータを守るために大切なデータのバックアップ。iPhoneでバックアップを取ろうと思ったけどやり方がわからない。そんな悩みもこの記事で解決!最初から順を追ってバックアップ方法を説明します。iCloud,iTunesどちらのバックアップ方法もこれでばっちり!

iCloud写真

iCloud写真の機能を図で表す

iPhoneで撮影した写真/動画、iPhoneに保存をした写真/動画をiCloudへ自動でバックアップする機能です。

iCloud写真へバックアップがされた写真はもちろんMacやWindowsパソコンでも確認が可能です!

※『iPhoneの容量を空けたい』場合のiCloud写真の注意!

iCloud写真の注意点を図で表す

iCloud写真へバックアップを取ったからといってiPhoneから写真/動画を消してしまうと、それと同時にiCloud写真内の写真/動画も消えてしまいます。

『iPhoneの容量を空けたい』という目的の場合は写真は外付けHDDなどの外部ストレージに移すか、iCloud以外のクラウドサービスでの写真データのバックアップがおすすめです。

iTunesデータの共有

iTunesで楽曲を購入したデータはiCloud上に保存がされます。

同じAppleIDで使用をしているMacやWindowsパソコン、iPadなどで楽曲の再生/ダウンロードが可能です。

※パソコンでCDを読み込ませて取り込んだ楽曲に関しては共有はできません。

Pages/Numbers/Keynoteのデータ共有

こちらは利用している方は少ないかもしれませんが、Apple版の「Word/Excel/PowerPoint」です。

Macで作成した文章などをiPhoneで閲覧・編集が可能になります。

主に学生の方や仕事で利用をする場面が多い機能ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はAppleが提供するクラウドサービス『iCloud』について解説をさせていただきました。

使いこなせば便利な機能も盛りだくさん!

まずはiPhoneのバックアップをiCloudに取るところから挑戦をしていただけたらなと思います!

iPhoneを修理するなら
スマホバスター

自社で厳しい品質検査の元、部品の製造・卸を行っているので品質の良い部品を安定してご提供することができます。また、修理後も最大1年間の保証があるのでご安心下さい。

お近くの店舗を探す