STAFF BLOG

【各iPhone】機種ごとのバッテリー容量一覧 電池持ちがいい機種の選び方!!

iPhone機種別バッテリー容量の違いを紹介お役立ち

iPhoneを購入する際、皆さんはその機種のバッテリー容量はチェックしていますか?
iPhoneは機種ごとにバッテリーの容量が異なっておりその容量の違いが”電池持ち”に影響してきます。
新しく機種変更する際に「電池持ちが長い機種がいい!」と考えている場合はバッテリー容量に注目してみましょう。
今回の記事ではiPhoneのバッテリー容量の違いなどをご紹介します。

各iPhoneのバッテリー容量一覧

※iPhone5以降に発売された機種のバッテリー容量一覧

モデル発売日バッテリー容量 (最大容量100%時)
iPhone 52012年 9月21日1,440mAh
iPhone 5C2013年 9月20日1,510mAh
iPhone 5s2013年 9月20日1,560mAh
iPhone 62014年 9月19日1,810mAh
iPhone 6 Plus2014年 9月19日2,915mAh
iPhone 6s2015年 9月25日1,715mAh
iPhone 6s Plus2015年 9月25日2,750mAh
iPhone SE (第1世代)2016年 3月31日1,624mAh
iPhone 72016年 9月25日1,960mAh
iPhone 7 Plus2016年 9月25日2,900mAh
iPhone 82017年 9月22日1,821mAh
iPhone 8 Plus2017年 9月22日2,691mAh
iPhone X2017年 11月3日2,716mAh
iPhone XS2018年 9月21日2,658mAh
iPhone XS MAX2018年 9月21日3,174mAh
iPhone XR2018年 10月26日2,942mAh
iPhone 112019年 9月20日3,110mAh
iPhone 11 Pro2019年 9月20日3,046mAh
iPhone 11 ProMAX2019年 9月20日3,969mAh
iPhone SE (第2世代)2020年 4月24日1,821mAh
iPhone 122020年 10月23日2,815mAh
iPhone 12 mini2020年 11月13日2,227mAh
iPhone 12 Pro2020年 10月23日2,815mAh
iPhone 12 ProMAX2020年 11月13日3,687mAh
iPhone 132021年 9月24日3,227mAh
iPhone 13 mini2021年 9月24日2,406mAh
iPhone 13 Pro2021年 9月24日3,095mAh
iPhone 13 ProMAX2021年 9月24日4,352mAh
iPhone SE (第3世代)2022年 3月18日2,018mAh
iPhone 142022年 9月16日3,279mAh
iPhone 14 Plus2022年 10月7日4,214mAh
iPhone 14 Pro2022年 9月16日3,200mAh
iPhone 14 ProMAX2022年 9月16日4,323mAh
iPhone 152023年 9月22日3,349mAh
iPhone 15 Plus2023年 9月22日4,383mAh
iPhone 15 Pro2023年 9月22日3,274mAh
iPhone 15 ProMAX2023年 9月22日4,422mAh

機種サイズが大きいとバッテリー容量もUP

iPhoneサイズが大きくなるとバッテリー容量も増える

iPhone15とiPhone15Plus、iPhone15ProとiPhone15ProMAXのように機種サイズが大きくなれば画面サイズが大きくなるだけではなくバッテリーの容量も多くなります
これはiPhoneのサイズが大きくなることで内部のスペースもそれに伴い広くなるのでより大きなバッテリーを搭載することが可能になるからです。

それとは逆にiPhone12mini、iPhone13miniなどのminiシリーズは端末を小型化したことによりバッテリーサイズもそれに伴い小さなバッテリーを搭載することになってしまい、結果”バッテリー持ちが悪い””バッテリー劣化が早い”と感じてしまう方が出てきてしまいます。

使用用途にあったバッテリー容量選びが重要

iPhone用途に合わせたバッテリー容量選びが重要

iPhoneで電話としての使用用途以外にも動画を視聴する・音楽を聴く・ゲームをする・SNSを閲覧するといった用途で使用する方は多いはずです。
昔とは違い今ではスマートフォンを活用して遊んだり暇をつぶしたりなど一日の中で使用する時間はかなり長くなっています。

そこで多くの方が悩まれるのが”電池残量の減りの早さ”です。
こういった悩みはバッテリーの劣化だけではなく、その人の使用用途に対しiPhoneのバッテリー容量が見合っていない事が原因になっている可能性もあります。

中でもよく相談を頂くのが”iPhone SEシリーズ”です。
この機種はiPhoneの中でも比較的安価な価格帯の端末で人気となっています。
学生さんの初スマホとして選ばれているご家庭も多いのではないでしょうか?
ただ上の表でもわかるようにiPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)のバッテリー容量は今から10年前に発売されたiPhone 6のバッテリー容量とほとんど変わりません
こういった容量の少ないバッテリー搭載機種ではたとえアプリを正常に動かせたとしても”電池残量の減る早さ”は我慢してiPhoneを使用する必要が出てきてしまうでしょう

おすすめのバッテリー容量は?

iPhoneでゲームをしたり動画を観たりする場合はiPhoneを”携帯電話として動かす分の電池容量”+”ゲーム機などとして動かす分の電池容量”が必要です。
そうした使用用途がある場合はバッテリー容量は3,000mAh以上を搭載している機種がおすすめです。

ただこの機種ごとのバッテリー容量はApple公式では数値の公表がされていません
iPhoneが発売された後にiPhoneを分解し解析する方々が細かなバッテリーの容量などをSNSやブログで発表し判明することが殆どです。
なので機種変更の際などにキャリアショップなどで「このiPhoneのバッテリー容量はいくつですか?」と質問をしてもショップ店員の方からは「わかりません」と返答される場合があるので事前に自分で調べておくことが重要です。

↓その他バッテリーに関する記事はこちら↓

【バッテリー最大容量】電池の寿命数値はiPhone内で確認可能!!確認方法や数値について解説
iPhoneに内蔵されているバッテリーの寿命は設定アプリ内で確認が可能です。”最大容量”の数値を確認し自身のiPhoneのバッテリー状態を知りましょう。確認方法や数値の交換目安、注意点を紹介。
iPhoneバッテリー交換料金を徹底比較!【正規店・非正規店】
iPhoneの電池持ちが悪くバッテリー交換をしようと思っても肝心の『修理料金』がイマイチ分からない…。この記事ではそんな悩みをスッキリ解決!Apple正規店と非正規店での料金比較、メリット・デメリットの比較を紹介します!これを読めば安心して修理に出せる!

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneを使っている方の中には「私は高い性能のiPhoneなんていらない」と考えている方もいますが、高価なiPhoneは決して性能面が高いだけではなくバッテリー容量も大型化しているのでバッテリーが長時間持つという魅力もあります。
ゲームアプリで遊ぶ、YouTubeで動画を観る、暇があればSNSを覗いてしまうなど当てはまりiPhoneのバッテリー持ち時間を延ばしたいのなら機種変更時にはバッテリーの容量にも注目し機種の選択をするようにしましょう。

iPhoneを修理するなら
スマホバスター

自社で厳しい品質検査の元、部品の製造・卸を行っているので品質の良い部品を安定してご提供することができます。また、修理後も最大1年間の保証があるのでご安心下さい。

お近くの店舗を探す