STAFF BLOG

恐怖!iPhoneのアウトカメラが突然ブレる!?原因は一体?

iPhoneのカメラがブレる!原因を解説お役立ち

iPhoneを持っていると必ず使用する機会のある『カメラ機能』

昨今のiPhoneのアウトカメラ(背面に搭載のカメラ)はとても綺麗に写真が撮れるのでデジカメ不要で重宝していますよね!

ですがそんなiPhoneのカメラにもトラブルが起こることがあります・・・。

今回はそんなトラブルの中でも突然ブルブルと『iPhoneのカメラがブレる』といったトラブルを解説します!

…実は最近よく見るアレが原因だったりするんです!

スポンサーリンク

iPhoneのアウトカメラに搭載『手ブレ補正機能』

iPhoneのカメラには手ブレ補正機能が備わっております。

この機能のおかげで多少の手ブレなら問題なく綺麗な写真を撮影することが可能なんです。

ですがこの機能が何らかの原因でトラブルを起こしたな場合にカメラ映りがブルブルブルブルと小刻みに振動を起こしとてもじゃないですが写真を撮れる状態ではなくなってしまいます。

iPhoneのカメラがブレるイメージ

アウトカメラ・手ブレ補正機能の破損の原因

カメラに搭載されている手ブレ補正機能は磁力とバネの力を利用し衝撃を吸収する仕組みになっています。

この機能のおかげでカメラは常に一定の位置を保つことができ、手ブレの抑制に繋がっています。

ですが、このカメラの部品に思いがけない強い衝撃や長時間の強い振動などが加わってしまうことで部品が破損してしまうケースが報告されています。

iPhone落下による衝撃

iPhoneの落下

iPhoneの落下は誰しも起こりうるトラブルのひとつです。

落下の衝撃は皆様が思っているよりも強く、たとえ画面の破損などが無くても他の部分が衝撃で破損してしまうことがあります

この衝撃で破損の被害を受けてしまう部品にカメラが挙げられます。

カメラ部品は非常にデリケートな部品です。

少しの衝撃でも映らなくなってしまったり、手ブレ補正の機能が壊れてしまう原因ですのでご注意を。

iPhoneを落下させてしまった際はアウトカメラ・インカメラが映るかをどうかをチェックしましょう!

車載マウントでのiPhoneの使用

車載マウントでのiPhoneの使用

ここ最近で使用している場面を見ることがとても増えた『車載マウント』

車やバイク、自転車にiPhoneを固定しナビ代わりに利用するあの固定具です!

実はこの車載マウントを使用している方のカメラトラブルが非常に多いケースとなっています。

↓こちらは実際にバイクで車載マウントの使用でiPhoneのカメラが壊れてしまった方のブログです。同じようなブログがたくさんあります・・・。

【SR400】バイクにiPhone付けたらカメラが壊れるらしい?!
あーい!こんちわー! なぽやんです! ゴールデンウィークおうち時間皆さんいかがお過ごしですか? バイクに乗るのが趣味な僕は、なかなか退屈な毎日を過ごしています(笑)   今回なんですけど、Twitterである恐 ...

この車載マウントはカー用品店、バイク用品店、雑貨屋などで普通に売られているので問題なく使用が出来るように見えますが注意が必要です。

車やバイクではエンジンの小刻みな振動や走行中の振動、自転車でも走行中の振動が原因でカメラの手ブレ補正が壊れてしまいカメラ映りがブルブルと振動したままになってしまいます。

車やバイク、自転車専用のナビは耐震性が強いものが多いのもこのように振動でスマートフォンが壊れる為に強化されているポイントなんです。

防水、耐震、事故検出機能が付いたナビでツーリングを快適に | &GP
GPSやウエアラブルデバイスで知られるガーミンジャパンから、バイク専用のナビシステムが1月24日に発売される。バイクのツーリングで使いたかった機能がしっかり搭載されている「zūmo 396(ズーモ 396)」(5万9800円/税別)があれば、バイクライフがもっと快適に楽しめそう! 「zūmo
ナビを使用したい場合はきちんと車・バイク・自転車専用の耐震性能の高いナビを使用するようにしましょう!

水没

iPhoneの水没

iPhoneの水没もカメラの破損に繋がる原因です。

iPhone7などの防水機能が備わっている機種でも水没は起こってしまいます。

なぜならiPhoneの防水性能は完全防水ではないからです!

また防水性能の強さもiPhoneを使用する年月が過ぎると劣化してしまいます。

新品のiPhoneでなら防げる雨程度の水も、1年使用した同じiPhoneでは防げないことがあるという事です。

上記の自転車での車載マウントを雨の日に使用してしまったり、お風呂でのiPhoneの使用がカメラの破損の原因になっていることが多いのでご注意を!

iPhoneは防水だから水没しない? 防水性能を比較し解説します!
iPhoneの防水性能とはどの程度か?機種ごとに比較しています!防水しないための対策もご紹介!「iPhoneは防水なのに水没してしまうの…?」など疑問に思った方にもわかりやすいように何が原因で水没するかも詳しくご紹介しております。これを読めばも水没に悩まずに済む!?
『iPhoneは完全防水ではない』という事を忘れないで!

システム破損によるトラブル

これは今までの例の中では珍しいケースですが、システム破損が原因でカメラの手ブレ補正が正常に作動しなく報告があります。

このようなケースの場合はカメラ部品自体は破損していない状態なので下記の方法で対処が可能な場合があります。

  • iPhoneの再起動
  • 使用しているカメラアプリの入れなおし
  • iOSのアップデート
  • iPhoneの初期化

尚、上記の方法でも直らないシステム破損の場合は残念ですがiPhoneの交換や買い替えになる可能性があります。

カメラの修理は可能?

「カメラの破損が起きてしまった場合は修理は可能なのか?」ですが、もちろん修理は可能です!

ほとんどの場合は壊れてしまったカメラ部品の交換で修理が可能なのでスマホバスターでは即日での修理が可能となります。

※アウトカメラの修理料金にはiPhoneの機種ごとに金額が異なりますのでホームページよりご確認くださいませ。

修理メニュー
iPhone修理の専門店「スマホバスター」は、画面割れ(ガラスひび)、液晶交換、バッテリ交換、水没、カメラ修理、ホームボタン、充電コネクタ、イヤホンジャック、バイブレータ、スピーカー、スリープ(電源)ボタン、ボリュームボタンなどの各種故障に対応いたします。

まとめ

いかがでしたか?

今回はカメラ破損の中でも『カメラがブレる』トラブルに焦点を当ててご説明させていただきましたが、今回解説した原因で『カメラが映らなくなる』といった症状も起きることがあります。

車載マウントをご家族の方が使用している場合は「壊れるかもしれないよ!」と注意を投げかけ未然に防ぎましょう。

システム破損やiPhoneの基板破損が原因では無い場合はほとんどがカメラを交換修理することで再び綺麗な写真撮影が可能になるので、アウトカメラ・インカメラとカメラの事でお悩みの際はスマホバスターに是非ご相談くださいませ!

iPhoneを修理するなら
スマホバスター

自社で厳しい品質検査の元、部品の製造・卸を行っているので品質の良い部品を安定してご提供することができます。また、修理後も最大1年間の保証があるのでご安心下さい。

お近くの店舗を探す