STAFF BLOG

Apple Care+ってどんなの?Appleで受けられるiPhone保証を解説します!

Apple Care+ってどんなの?Appleで受けられる保証を解説します!解説

皆さんは使用しているiPhoneに保証は付けているでしょうか?

Appleで加入できる保証には2種類あり、「Apple Care」「Apple care+」があります。

この2つがどんな方にオススメなのか、またこの2つにはどんな違いがあるのか。

上記をふまえて、今回は「Apple Care+」に焦点を当てて解説していきます。

スポンサーリンク

Apple Careとは

そもそもApple Careとは何なのか。

Apple CareとはApple製品の購入時に付属されるサービスで、購入後1年間有効になっておりハードウェア製品限定保証と90日間の無償テクニカルサポートが受けられるというものです。

分かりやすくいうと「初期不良がある場合や、Apple発行のガイドラインに従った使い方をした状態で不具合が起きた場合に、新品との交換や修理、返品返金を行う」といったサポートです。

購入した時点で全製品が対象になるので自分から加入しないといけないというわけではなく、また加入費用は無料なので安心してiPhoneを使うことができます。

Apple Care+の概要

Apple Care+はApple Careと違い自分で加入しなくてはならず、加入費用もかかります。

さらに加入には期限が設けられており購入後30日の間に加入しなければいけません。

 

しかし通常のApple Careと違い保証期間が長くなっており保証対象も変わっています。そしてApple Care+には「紛失・盗難プラン」があり紛失時や盗難時にも保証してくれるプランになります。

特にありがたいサポートとして過失や事故に対する修理があります。

画面の損傷は税込み3,700円そのほかの損傷は税込み12,900円紛失・盗難は税込み12,900円とそれぞれサービス料がかかりますが、どれもかなり安く設定されています。

どの非正規店と比べても破格の料金ですので、よく落としてしまったり仕事上破損する可能性がある方などは加入する方がいいかもしれません。

 

さらにApple Care+にはエクスプレス交換サービスというのがあり、たとえ破損していなくても新品や新品と同等品に交換してもらえるサービスがあります。

1度の利用で状態によっては12,900円(税込み)かかる場合があり、またiPhoneに壊滅的な損傷や不正改造による機能障害がある場合は本体代が丸々かかる場合があるので、利用される場合は注意しましょう。

 

ここでApple CareとApple Care+、Apple Care+盗難・紛失プランの比較を表にまとめたのでご覧ください。

Apple CareApple Care+Apple Care+
盗難・紛失プラン
初期不良や通常使用時の傷・不具合
90日間の無償サポート
過失や事故による損傷に対する修理×
(1年間に2回まで)

(1年間に2回まで)
最大容量が80%未満になったバッテリーの交換修理×
エクスプレス交換サービス×
盗難や紛失の対する補償××
(1年間に2回まで)

このように保証内容では圧倒的にApple Care+の方が充実していますね。

Apple Careは「ほとんど初期不良の対応」になりますが、Apple Care+は「普通に使っていて起こりうるであろうトラブルへの対処」になります。

 

よく落として画面を割ったと当店に持ち込まれる方もいらっしゃいます。

Apple Care+に入っていればお得に純正品で修理できるので自分が加入対象か確認してみましょう!

詳しくは公式ページへ→https://www.apple.com/jp/support/products/

Apple Care+加入のしかた

それではApple Care+がどのようなものか分かったところでいよいよ加入方法をご説明します!

まず、Apple Care+には5通りの加入方法があります。

購入時に加入する

Apple Storeや各キャリアで購入時に加入できます。

最初から加入するため、購入後すぐに紛失してしまったりした場合でも安心です。

デバイス上で加入する

購入後30日以内で加入可能です。

「設定」→「一般」→「情報」→「AppleCare+ 保証を追加できます」を選択しましょう。

これが出ていない場合は30日過ぎているか、何らかの原因で入れない場合があります。

ホームページから加入する

こちらも購入後30日以内で加入可能です。

シリアル番号の確認とリモート診断が必要です。

加入ページはこちらから

直営店のApple Storeで加入する

こちらも購入後30日以内で加入可能です。

店舗でiPhoneの点検と購入時の証明書が必要になります。

電話で加入する

こちらも購入後30日以内で加入可能です。

以下の電話番号にかけて加入できます。

リモート診断と購入時の証明書が必要です。

お電話はこちらから

加入費用

そしてApple Care+はApple Careとは違い加入費用がかかります。

加入費用は機種によって違うので、お使いの機種をしっかりと把握して下記の表を是非参考にしてください!

Apple Care+Apple Care+
盗難・紛失プラン
iPhone12Pro/12ProMax
税込み25,080円税込み27,280円
iPhone12/12mini/11/XR税込み18,480円税込み20,680円
iPhoneSE(第二世代)税込み9,680円税込み11,880円

*こちらはAppleのホームページから端末の購入時に表示される料金です。
ホームページ上で購入できる端末のみ掲載しています。

Apple Care以外の保証について

上記の方法で加入できるApple CareはあくまでAppleが提示している保証になります。

Apple以外にも保証会社は多数存在しており、なかには画面の破損やバッテリーの劣化などを全額補償してくれる場合もあります。

Apple Careと違う点は、Appleの正規修理や委託修理業者以外の非正規店で修理しても補償してくれる点です。

 

Appleで修理する場合純正品のパーツで交換してくれるので安心できますが、修理するのに時間がかかってしまいApple Care適用外だと料金も高いうえに端末を初期化しないといけないというのがデメリットとして挙げられます。

それと比べ非正規店では、ほとんどの場合初期化せずにデータを残したまま即日修理可能で料金も抑えることができます。

ただ、非正規店ではほとんどのお店で互換品のパーツを使っているため性能面では純正品より劣ってしまいます。
*スマホバスターでは純正品により近い純正再生品をご用意させていただいています。

非正規店での修理はこちらのブログに詳しく書いているので是非お読みください。

iPhoneを修理できる『非正規店』について解説!
故障したiPhoneを修理してくれる非正規店はご存知ですか?最近は街中でも目にする機会は多いですが「どんなお店かわからない」事も多いと思います。非正規と聞くと悪い印象を抱きそうですが非正規店にもメリットはたくさん!記事で詳しくご紹介します!

 

料金を全額補償してくれる場合は、時間に余裕があればAppleで修理するのがオススメです。

すぐに復旧させたいなど時間を気にされる場合は、全額補償の保証に入っていても非正規店で修理するのがオススメです。

ただ非正規店で修理された場合は今後Appleでのサポートや下取りが対象外になる可能性があります。

 

自分の需要や環境に合わせて一番お得な保証を選びましょう!

最後に

以上をまとめると

Apple Careは購入時に自動でついてくる保証

Apple Care+は購入から30日の間に入れるApple Careの上位保証

Apple Care以外にも保証会社があるので自分にあった保証を選ぼう

となります。

 

当店でも画面が割れてしまったと修理にご来店いただいておりますが、新しい機種になるほど料金は高額になります。

購入費用も決して安い買い物ではないため、保証を上手く利用して長く使えるようにしましょう!

iPhoneを修理するなら
スマホバスター

自社で厳しい品質検査の元、部品の製造・卸を行っているので品質の良い部品を安定してご提供することができます。また、修理後も最大1年間の保証があるのでご安心下さい。

お近くの店舗を探す