STAFF BLOG近接センサーって一体何?

 

こんにちは!スマホバスター泉佐野いこらもーる店の臼田です!

 

最近は西九条の出勤が少なくなってから、キックボクシングのトレーニングができなくて体が鈍ってしまっている筆者です。

iPhone修理屋は座りながらの業務が多い為、自ら進んで運動しないとなかなか体を動かす機会がないんですよね。

そのため筆者の体は肥えていくばかり(泣)

だらけたボディを引き締めて、健康的に生きたいと思うこの頃の筆者です!

 

さてさて本題へ。

iPhoneをお使いの皆様は、「近接センサー」をご存知ですか?

筆者はiPhone修理屋になる前から、iPhoneを使っていたのですが、iphone修理に携わるようになってから近接センサーの存在を知りました。

事実iPhoneを修理しにこられるお客様の認知度はほぼ0です。(ご存知の方はなかなかのiPhoneマニアです!)

 

では、そんな知る人ぞ知る近接センサーとは、一体何なのでしょうか?

 

近接センサーとは、iPhoneの画面上部の小さく丸いところから覗くセンサーのことです。

通話時、耳に画面を当てた際に頬などでダイヤル画面などを誤タッチしないようにするための、画面を暗くすることが近接センサーの主な機能です。

普段何気なく通話しているとあまり気づかないこのセンサーですが、しっかりと機能しているのと、全く機能していないのとでは、便利さが格段に違うと筆者は思います。

普段気にして使っていなかった方でも、近接センサーの機能などをご説明すると、

「そんな機能あったの!?」

と驚かれます。

 

では近接センサーはどこについているのでしょうか?

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

ココ!!!

こんなところに近接センサーがいるんです!!!

 

近接センサーはパーツで言うと、インカメラと一体になっているんですよ。

なのでインカメラのパーツは、実は結構複雑な作りになっています。

 

 

 

 

 

 

 

筆者がiPhone修理屋になった時に、iphone修理の研修をしていましたが、特に注意するところのナンバー1この近接センサー(インカメラ)の取り外しでした。

そのためより慎重に作業しなさいと教えられた箇所がこの近接センサーなのです。

いかに繊細なパーツなのかがよく分かりますよね。

他にももう一つ注意するパーツがあって、それはホームボタンの取り外しなのですが、それについてはまた追々お話させていただきますね!

 

近接センサーはとっても繊細なパーツになっていて、落としてしまった衝撃によってすぐにパーツが壊れてしまい、近接センサーの機能が使えなくなってしまうことがあります。

実際に、iphoneの画面を落として割ってしまった方の画面の修理をした際に、すでに近接センサー壊れており使えず、通話時に画面が暗くならない症状になることもしばしば・・・。

他にも落として画面を割ってしまった際に、内部で画面とくっついたまま近接センサーが破損してしまい、画面交換の際にポロっと近接センサーだけがとれてしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「通話の時に、画面暗くならないと若干不便だなぁ・・・」

普段何気なく使っているからこそ、その便利な機能に気づいた時に、しっかりと機能が使えないと困りますよね。

 

そこで、iPhone修理のプロが、近接センサーの機能の確認方法をお教えします!

ご自分で出来る簡単な確認方法になるので、セルフチェックしてみてください!

①通話機能で確認する方法

近接センサーは本来、通話機能で役立つ機能のため、通話機能で確認するのが手っ取り早いですし、確実に機能しているのかしっかり確認が出来ます。

まず、無料のテスト通話で確認します。

キャリアによって番号が違うのでご注意ください!

au・・・111

docomo・・・111、1111、11111

Softbank・・・11112、11111

の番号にかけます。

いずれかの番号につながると、

「こちらは○○○(キャリア名)開通テストセンターです」というアナウンスが流れます。

このアナウンスが聞こえたら、耳からiPhoneを離して、スピーカーにせず、近接センサー付近に自分の手や指をかざします。

画面が暗くなったら、近接センサーが効いています。

 

②Siriで確認する方法

この方法はiOS13以降では確認ができません。

それ以前のiOSであれば確認が出来ます。

まずSiriを起動します。

自分が話しかける状態にしたら、近接センサー付近に自分の手や指をかざします。

画面が暗くなったら、近接センサーが効いています。

 

③ボイスメモで確認する方法

ボイスメモアプリでも近接センサーの確認が出来ます。

はじめにボイスメモアプリを開きます。

録音を始め、近接センサー付近に自分の手や指をかざします。

画面が暗くなったら、近接センサーが効いています。

 

もし上記の方法を試して、暗くならなければ、近接センサーが壊れてしまっている可能性があります。

でも大丈夫!

そんなことになっても、スマホバスター各店では、すぐに修理対応させていただきますよ!!!

近接センサーの修理は、インカメラにくっついているパーツになっているので、インカメラ自体の交換となりますが、即日でしっかり修理させていただきますよ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

通話は日常的にあらゆる場面で使いますが、近接センサーは通話機能をより便利に使える機能として、iPhoneについています。

実はあまり知られていませんが、ないと不便に感じられる方は多くなると思います。

もし近接センサーが壊れてしまっても、その時はスマホバスターにお任せくださいね☆

 

最後に…

スマホバスターでは、現在4店舗で運営をしています。

各店舗、iPhone修理の際はしっかりとカウンセリングをさせていただいています。

スマホバスターでは即日修理をさせていただいておりますので、気軽にスマホバスター各店にお立ち寄りくださいませ。

iPhone修理の際のご不安な点や、疑問に感じられる点などございましたら、スタッフにお声掛けください。

スマホバスターでは即日修理をさせていただいておりますので、気軽にスマホバスター各店にお立ち寄りくださいませ。

 

大阪西九条店 臼田

大阪西九条店 06-6459-7537

神戸三宮店 078-855-4065

泉佐野いこらも~る店 072-488-7331

神戸三宮駅前店 078-515-6390