STAFF BLOG

iPhone画面割れの軽度と重度ってどんなの!?プロが詳しく解説!!

iPhone故障の軽度・重度って何?詳しく解説症状の解説

修理依頼がもっとも多いのが画面割れと液晶の表示不良です。
それぞれ画面割れ(ガラス割れ)と液晶故障では修理料金が違ってくるため、お客様にとって大変気になる点だと思います。

ただ、修理業者によってその判断が異なる場合もあるため、「結局どうやって判断しているのか?」「高い料金を請求されているのではないか?」と不安になられてる方も多いのではないでしょうか?

「軽度」と「重度」をできるだけわかりやすく説明していますので、修理を依頼する際にご自身のiPhoneの状態と照らし合わせて参考にしていただけたら幸いです。

軽度と重度の違いとは?

一般的にiPhoneの画面修理はどの程度壊れているか損傷の度合いによって2種類に分けられます。
わかりやすく言うとガラスが割れているか液晶・有機ELが故障しているかと言えます。

[軽度破損]は画面表面のガラス部分のみが割れている状態。

[重度破損]はガラスの下の液晶・有機ELに破損がみられる状態。

※ガラスが割れていなくても液晶・有機ELに破損がある場合は重度破損となります。

しかし、修理業者によって判定基準が異なるためガラス割れの場合でも重度破損の対応になる場合があります。

 

また、修理料金も「軽度破損」か「重度破損」かによって変わるので症状が軽くて修理費用が安い軽度破損の状態の時に修理をすることをお勧めします。

スマホバスターではお客様に安心してご利用頂くために「軽度破損」「重度破損」の判定基準を明確にしています
それでは、弊社の判定基準をそれぞれ例を紹介しながら説明していきます。

軽度破損

画面の端の割れ

画面の端にヒビ

誰が見ても「軽度破損」と言える事例です。

そのままでも短期的には使用可能。

リスクとしては画面の一番頑丈な部分の損傷でもあるので、ここからヒビが広がる可能性、またそこから水や異物の混入による全体的な画面モジュール故障や基盤ショートなどが挙げられます。

画面を横断した割れ

 

画面を横断したヒビ

 

ヒビが操作部にまで達してはいますが、画面操作には影響していない場合は「軽度破損」になります。

※他店では液晶表示部分にガラス割れが到達していると「重度破損」という判断をするところもあります。

画面全体のガラス割れ

画面のヒビが蜘蛛の巣状になってしまった

ガラス全体にヒビ・割れが広がっている事例です。

この状態になると、指を不意に切ってしまったり、ガラスがポロッと剥がれ落ちてしまったり様々なリスクが伴います。
画面のガラスのみの破損で操作に異常が出ていない場合は「軽度破損」になります。

※操作性に異常はなくても写真のように全体にガラス割れが広がっていると他店では「重度破損」と判定されることがあります。

スマホバスターの「軽度破損」料金

軽度ガラス割れ料金表

以前に当店スマホバスターで修理いただいた場合は、軽度の症状ですと「軽度破損」となります。
軽度破損の状態でもすでに他店・非正規店で修理した経歴がある場合は重度破損となります。

重度破損

画面上のシミ(液晶漏れ)

タッチが効かない(液晶漏れ)

こちらの症状は一目で「重度破損」だと分かる事例です。
画面上に黒いシミが出ている場合は液晶または有機ELが破損し液漏れを起こしている状態です。

画像の状態では、表示ができている部分にタッチが効いていたとしても「重度破損」判定となります。

縦線が入っている

細かい縦線が入ってしまった

こちらの症状も一目で「重度破損」だと分かる事例です。

液晶またはIC部分が破損してしまった場合、画像の様な七色や白色の縦線が入ってしまいます。

タッチ操作できない・画面が点灯しない

iPhoneは起動しているけど画面が、真っ暗な状態。

タッチ操作ができない場合は「重度破損」判定となります。

※ガラスが剥がれて液晶部分が見えている状態の物は重度と判断させていただく場合がございます。

スマホバスター「重度破損」の料金

※「重度破損」の症状はガラスの割れ有無関係なく症状が出ます。

なぜ軽度・重度で値段が違うの?

iPhoneの画面はリサイクル(再利用)することができます。しかしながら、故障によっては再利用できない場合もあります。

 

「軽度破損」のガラス割れのパネルは液晶・有機EL部分をガラスから取り外しリサイクル(再生)・売却することができます。リサイクル(再生)・売却できる液晶・有機ELは価値がある為、軽度破損の場合は修理価格を下げて設定することが可能となります。

 

[重度破損]の液晶・有機ELが破損しているパネルリサイクル(再生)・売却することができません。リサイクル(再生)・売却できない為、重度破損の液晶・有機ELの価値は無くなります。

そのため、「軽度破損」と[重度破損]の値段に違いがあるんです。

Apple純正部品の液晶・有機ELのみリサイクル(再生)が可能となります
液晶・有機EL部分に傷や破損がないにも関わらず[重度破損]の判断をされる修理業者がございます!!!

ちなみに!!!

スマホバスターでは液晶・有機ELのリサイクル(再生)技術があり国内に自社工場がございます。

ハイクオリティパネル・INCELL・純正再生品の画面部品をご用意しております。

画面割れ(ガラス割れ)・液晶故障ともにお選びいただけます。

純正再生品での修理を適正価格にてご提供させていただいております!!!

まとめ

当店スマホバスターの「軽度破損」と「重度破損」の判定基準を詳しく説明致しました。
スマホバスターの判断基準はズバリ『液晶画面に破損が有るか無いか』です。

修理メニューページにも詳しく「軽度破損」と「重度破損」の判定基準を掲載しておりますのでご覧ください。

修理メニュー
iPhone修理の専門店「スマホバスター」は、画面割れ(ガラスひび)、液晶交換、バッテリ交換、水没、カメラ修理、ホームボタン、充電コネクタ、イヤホンジャック、バイブレータ、スピーカー、スリープ(電源)ボタン、ボリュームボタンなどの各種故障に対応いたします。

 

また、正規店と当店のような民間修理店の違いもわかりやすくブログで説明しているので合わせてご覧ください。

iPhone画面割れ修理の料金を徹底比較!【正規店・非正規店】
iPhoneの画面が割れてしまって修理に出そうと思っても肝心の『修理料金』がイマイチ分からない…。この記事ではそんな悩みをスッキリ解決!Apple正規店と非正規店での料金比較、メリット・デメリットの比較を紹介します!これを読めば安心して修理に出せる!

 

当店スマホバスターでは各店舗お客様の修理に対する疑問も来店時にお伺いし、修理料金の見積もりもさせて頂いおります。
どうぞお気軽にまずはご相談下さいませ。

iPhoneを修理するなら
スマホバスター

自社で厳しい品質検査の元、部品の製造・卸を行っているので品質の良い部品を安定してご提供することができます。また、修理後も最大1年間の保証があるのでご安心下さい。

お近くの店舗を探す