STAFF BLOG

docomoのiPhoneを修理する方法。補償を有効活用しよう

docomoのiPhoneを修理する方法修理方法

みなさんiPhoneのキャリアはどちらを使用されてますか?

docomo/au/SoftBankの3大キャリアの他に格安simなど多数ありますが今回はdocomoで修理する場合の手順などをご紹介いたします。

まずは自分の端末がdocomo端末なのかチェック!

はじめに、ご使いのiPhoneがdocomoの端末か確認します。

携帯にはIMEIと呼ばれる個体識別番号があります。
ずっとdocomoの端末を使用していた場合だとdocomo端末で問題ないと思いますが、キャリアの乗り換えなどをしていた場合や自身の買った端末が何処で買ったのかわからない場合はIMEIをもとにある程度の情報を得ることが可能です。

iPhone設定画面

iPhoneの場合ですと設定→一般と進み一番下までスクロールするとIMEIが表示されます。

IMEIとデジタルSIM IMEIと2つありますが一番最初に出てくるIMEIのみを見てくださいね!

この15桁の番号ですが原則として一台一台違うものとなりますので同じものはありません。

公式サイトに docomo IMEIチェックができるページがありここに入力しヒットすれば docomoから買った端末とはっきり分かることができます。

ちなみにこちらの端末は筆者が2018年に購入した端末ですが検索するとこのように表示されます。


docomo imei検索結果

2年契約の為端末本体の支払いが完済すれば△から○に切り替わります。

もし自分の端末が docomoで買ったかわからなくなった場合はIMEIを公式で打ち込み○もしくは△が出れば確実に docomoで購入した端末とわかりますので不明な場合はチェックしてみてはいかがでしょうか?

保証の対象か契約を確認する

購入して1年以内の場合やAppleCare+ for iPhoneに加入している場合、docomoのケータイ補償サービスに加入している場合は無料または安く修理できるのでまずはご契約内容を確認しましょう。

電話で契約情報を確認

電話で確認することが可能です。その場合

①ご契約者の電話番号

②ネットワーク暗証番号(契約時に指定してされた4桁の番号)

この2つが必要となります

docomo端末からの電話は15711
その他の電話からの発信は0120-210-360

my docomoから確認

my docomoから確認が取れます。ご契約内容・手続きをクリックしmy docomoにログインすると確認が取れます。

myドコモ保証

情報開示請求の送付

その他にも情報開示請求を送付することにより確認することが可能です。

使用しているdocomoの電話番号に氏名、住所、生年月日の他に契約の時に伝えられる8桁の会員番号が必要になります。

本人確認として印鑑登録証明証 運転免許証 住民基本台帳カードのコピーなどが必要となります。

印刷していただき上から順に氏名など埋めていただき免許証などのコピーを貼り付けてから、株式会社NTTドコモ「お客様情報開示申請」郵送受付窓口」に送付することにより書面にて契約情報を確認することが可能です!

代理人にこの作業を委託する場合は同じく免許証等のコピーが必要となります。

修理料金を確認する

保証サービスに加入しているか、加入している補償サービスによって料金が異なります。
料金はiPhoneリペアコーナーでもdocomo店頭のお預かり修理でも同じ料金が発生します。

docomoのケータイ補償サービスに加入している場合

docomoの補償の場合『修理対応』と『交換対応』では大幅に料金が異なります。
また、補償の加入時期によってサービスの内容が異なりますのでご確認下さい。

交換対応の場合

2019年5月31日までに加入された場合

水濡れや破損に加え、紛失などのトラブルを補償しています。
補償のお申込み当日~2日以内に交換電話機(リフレッシュ品)を直接お届けします。
詳しくは、docomoのホームページをご確認下さい。

対応機種月額料金サービス利用料金

Xs

Xs Max

Xr

X

8

8Plus

7

7Plus

6s

6sPlus

750円11,000円

※1年間に2回まで

SE

6

6Plus

5s

600円

7,500円

※1年間に2回まで

5c500円7,500円

※(税抜き)

 

 

2019年6月1日以降に加入された場合

水濡れや紛失、全損などあらゆるトラブルを補償。1年間に2回までご利用になれます。
ご利用機種がトラブルに遭われた時に、交換電話機(リフレッシュ品)を、お申込みの当日~2日以内に提供しています。
2019年9月3日(火曜)より、店頭交換サービスも開始しました。
詳しくは、docomoのホームページをご確認下さい。

対応機種月額料金サービス利用料金

11 Pro

11 Pro Max

XS Max

XS

X

1,000円

11,000円

※1年間に2回まで

11

XR

8 Plus

8

7 Plus

7

6s Plus

6s

 

750円

11,000円

※1年間に2回まで

SE

6 Plus

6

5s

5c

500円

7,500円

※1年間に2回まで

※(税抜き)

修理対応の場合

修理の場合は2019年5月31日までのご加入・2019年6月1日以降のご加入の場合共に同じ条件となっております。

詳しくは、docomoもホームページをご確認下さい。
・2019年5月31日までのご加入の場合
・2019年6月1日以降のご加入の場合
iPhone修理費用
保証対象内の故障ご購入から1年間無料。2年目以降上限5,000円
保証対象外の故障上限5,000円

 

ケータイ補償サービス サービス説明動画

AppleCare+ for iPhoneに加入している場合

アップルの保証は購入から1年間の初期保証と別途加入する必要がある購入日から2年間に延長されるAppleCare+ for iPhoneがあります。

詳しくは、別のブログで紹介しているのでそちらをご覧ください!

Apple Store(アップルストア)でiPhoneを修理する方法を解説!
アップルストアでiPhoneを郵送修理、持ち込み修理する際の依頼方法と料金をご説明します。アップルストアだけではなく全国に110店舗あるアップルが認定した修理店でiPhoneの修理の依頼方法もご紹介!修理の値段は保証の有無により大きく異なります!

補償サービスに加入していないまたは適用外の場合

補償サービスに加入していないまたは保証期間が過ぎている場合など適用外の場合は以下の料金が掛かります。
詳しくは、docomoのホームページをご確認下さい。

機種名本体交換修理バッテリーサービス
iPhone 11 Pro Max81,400円9,400円
iPhone 11 Pro74,900円9,400円
iPhone 1154,500円9,400円
iPhone XS Max81,400円9,400円
iPhone XS74,900円9,400円
iPhone XR54,500円9,400円
iPhone X73,000円9,400円
iPhone 8 Plus52,600円6,500円
iPhone 846,600円6,500円
iPhone 7 Plus46,600円6,500円
iPhone 743,000円6,500円
iPhone 6s Plus44,200円6,500円
iPhone 6s40,500円6,500円
iPhone 6 Plus44,200円6,500円
iPhone 640,500円6,500円
iPhone SE(第2世代)36,900円6,500円
iPhone SE36,900円6,500円
iPhone 5s36,900円6,500円
iPhone 5c36,900円6,500円

※(税抜き)

docomoでの修理方法は?

docomoでは修理方法が2種類あります。

即日修理が可能な店舗・預けて修理を依頼する方法をご紹介します。

即日で修理する場合は…?

即日修理をしたい場合は、iPhoneリペアコーナーで行っています。

すぐに修理をしたい場合は、現在東京都と愛知県にある2店舗のみで対応しているiPhoneリペアコーナーがあります。
東北、関西、九州地方などのその他の地域にはリペアコーナーはありません。(9/3現在)

iPhoneリペアコーナーでは、本体交換、バッテリー交換、ディスプレイ修理のみが可能です。
基本的に本体交換・バッテリー交換の場合は即日での対応が可能となっていますが、在庫状況や混雑状況によっては預けての修理になります。また、ディスプレイ修理は4日〜7日営業以内となってます。

預けて修理する場合は…?

docomoの店頭ではiPhoneの修理取次ぎを行っており全国のdocomoショップにて受付をしています。

修理受付後、店員がiPhoneの状態などを調べ故障かどうかを判断します。

故障と判断された場合、修理の案内をしてもらうという流れになります。

預かり修理の場合だと、代替え機の貸し出しサービスも行われております。

機種の指定はできませんが、こ使用中の電話番号をそのまま引き継ぐことができます。

こちらも在庫状況や混雑状況により変わりますが1週間〜10日程の修理となります。

来店の予約は必須!

修理に出すには予約が必要となります。docomo公式からお近くの店舗を選択し予約を入れることが簡単にできます。

docomo公式予約ページ

docomoユーザーの場合dアカウントというものが携帯を契約するときに作成するのですが、予約にはアカウントが必須となります。

もしアカウントのアドレスやパスワードを忘れてしまった場合は電話にて直接来店予約をするか再発行が必要となります。

dアカウント作成には、gmail・yahooメール・@docomo.ne.jpのどれか一つが必要となります。

もし忘れてしまった場合やどうしてもdアカウントがわからない場合は再発行よりも新規作成をした方が早いかもしれませんね。

またアカウントの設定方法がわからない場合や予約方法がわからない場合は docomoにはサポートセンターと電話で相談することが可能です。

 docomoサポートセンター電話

docomo端末からの電話は151

その他の電話からの発信は0120-800-800

修理前にする準備

iPhoneリペアコーナーで修理をする際には、必ず事前に予約をする必要があります。

またdocomoショップにおいてお預かり修理をしてもらう場合も、事前に予約をすることで優先的に受付をすることができます。

修理前にしておく事としてこの3つが大切です!

①iPhoneのバックアップを取る

修理に出す場合状態にもよりますがデータが無くなってしまう可能性があります。

PCを使いiTunesでバックアップを取りましょう。

またパソコンがない場合はiCloudなどを使用しクラウド上にある程度バックアップをとることも可能です!

②iCloudのサインアウトをする

iPhoneの設定から確認できるiCloudですが設定を開き名前をタップし最後にあるサインアウトボタンを押しましょう。「”iPhoneを探す”をオフに~」というメッセージが表示されますがログインしている状態だと受付がしてもらえません。

③Apple IDとパスワードを覚えておく

修理から戻ったiPhoneですが再度iCloudからデーターを出したりするのにApple IDとパスワードを使い再度ログインします。

忘れてしまうとログインできなくなりますので覚えておきましょう。

上記の三点が行われていない場合、修理受付が出来ない場合があります。

必要な書類

また修理の受付をしてもらう際には、故障したiPhone本体と本人確認書類が必要です。

①免許書orマイナンバーカード

基本的に①があればスムーズに修理受付が可能ですがお持ちでない場合は

補助書類

こちらが必要となります。多数ありますので詳しくはタップして公式をチェック!

修理に出した後に状況を確認したい!

docomoでは、修理に出した後に修理状況を確認できるサービスがあります。

故障状況や修理部分、混雑状況などにより多少上下してしまうようです。

修理状況確認ページ

今まではドコモショップに来店したり、電話で進捗状況を確認する形でしたが、webでmy docomoを開くと確認が可能となります!

まとめ

docomoでiPhoneを修理する場合は、購入時期や保証の加入などによって様々な方法があります。
それらを確認することでお得に修理できるますので必ずチェックして下さいね。

 

  • docomoでは即日修理と預けて修理ができるが、即日修理は店舗が限られている
  • 修理期間は、iPhoneリペアコーナーだと即日~1週間、店頭だと1週間~10日間かかる
  • 修理代金は、基本的にAppleが定める修理代金なのでApple Care+などによって変わる
  • ケータイ補償サービスに加入していれば色んなトラブルが補償される

 

スマホやiPhoneが壊れてしまった場合焦ってしまいがちですが一つ一つ落ち着いて、いち早く修理に出すことにより復旧率が上がったりしますのでいかなる場合も早めの対応をお勧めいたします。

iPhoneを修理するなら
スマホバスター

自社で厳しい品質検査の元、部品の製造・卸を行っているので品質の良い部品を安定してご提供することができます。また、修理後も最大1年間の保証があるのでご安心下さい。

お近くの店舗を探す